2017年11月19日

己の腹に活を入れろ! ハラカツ呼吸のススメ





ハラカツ呼吸の由来を…
日本の文化は【腹】
腹に感情がある。
だから…
腹割って話そう   腹黒い  etc…
言い伝えが。

真面目に…
嫌な感情を抱えてると内臓がドス黒く (怖)

古代人はフンドシを締めて腹を鍛えていた…
身が引き締まるし…
良い意味で緊張感を増す…

動画の様に  【 力強く!長く!吐く!】
ハァーー!!!と
ストレスって文字を口から吐くイメージ!!!
内臓の刺激が脳神経にも響くきらきら

良い事尽くめ手(パー)

宿便は剥がれ落ちるし。
朝までぐっすり寝れるし。
身体が柔軟になるし。
体温は上がるし。
腹は引き締まるし。 etc
力強く吐く筋肉【 腹ダンベル 】強化!
腹…
出したくないけど出ちゃってる…
( 好きで出してる 笑 人は放っておく。)
多すぎ。。
ハラカツ呼吸で引き締まるよんにこにこ
メタボの人にもイイネおやゆびサイン

生きとし いける  モノ…
呼吸をしないと生きていけない。

自身がどんな呼吸をしてるか?
気づいてない人が多すぎ…

大正解!

だって。
学校でも教えてくれないし…
教科書にも載っていない。

ただ…
なんとなく!
吸ったり吐いたり。

だからこそ!
高い意識を持って呼吸をする事が【必要】

身体に…酸素が響いてるー!
と感じれば身体は喜ぶきらきら

騙されたと思って!
お試しあれー光るハート

posted by naoyogablog at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

準備…着実の積み重ね。。

IMG_3209.JPG
先日のHAPPY WOMAN …で
ご紹介頂いた

医学博士 対馬ルリ子先生光るハート(真ん中)
お隣はオフィスヨガでお世話になってる 
カミツレの宿 オーナー 北條社長光るハート

対馬先生のお話は響く事ばかり手(パー)
女性ホルモンは…
【 命を守る為のモノ 】と。
オンナと改めて感慨深い思い。。

ご自身でも発言してるそうなので…
敢えてお名前を出します。

元なでしこ代表選手…
澤 穂希さん。
対馬先生のクリニックに…
10年前から通われてて!(素晴らしい光るハート
定期検診をなさってたそう。。

アスリートは激しく動く…
ピルを飲み…生理をコントロールしてた。
( チームドクターにも相談 )

対馬先生も…患者さんにはピルを勧めてる!
と話ししてましたきらきら

ご結婚してから…
ピルを飲むのをやめ。。
素早く!!!妊娠ーー光るハート
対馬先生はゴーーールおやゆびサインおやゆびサイン決めたわネっと笑

澤さんの準備が素晴らしすぎるきらきらきらきらきらきら
お名前の通り…穂希目がハート圧感!!!

基礎体温付けや排卵日の確認など…
決して…簡単な事ではない。
着実に積み重ねをするしかない。。

1年後…
自分自身はどうなっていたいかぁ?
このヴィジョンを掲げる。
そーすれば
今何をやるべきか!が決まってくる…

naoは20歳の時…
絶対!腹を出したくない!と決め…
今に至るゼィおやゆびサイン
IMG_0619.JPG
※刀メソッド(プログラム進行中)

さぁー!
nao自身…
まだ諦めていない 笑  うふっ光るハート
子供を産む準備に取り掛かるとするかっ。

卵巣検査で何個あるか?調べる事
出来るんだってー!
身体も進化!医療も進化!
posted by naoyogablog at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記